それは30代半ばでした。

少し顔に痒みがあったのですが それほど気にせず普通に生活していました。

そんなある日、鏡に映った自分の顔を見てビックリ!

顔のあちこちに赤いシミが出来ていたのです。

それまではコレと言った肌のトラブルもなくどちらかと言えば「お肌綺麗ね?」と言われる事が多かったので意識して肌ケアをした事もあませんでした。

朝起きて顔を洗い お化粧をして夜はクレンジング洗顔するくらいでした。

化粧水や乳液 UVカットも何もしていませんでした。

それでも何もトラブルはなかったのに…慌てて皮膚科へ駆け込み診察を受けましたが結果は原因不明…

紹介状を書いてもらい大きな病院で検査を受けましたがそれでも原因はわかりませんでした。

お医者様から皮膚の一部を切り抜いて細胞検査をしますか?と言われましたが傷痕が残ると言われたので断りました。

それまで肌のケアを何もしていなかった私には

肌トラブルの知識が全くなかったので化粧品会社に勤めていた友人に相談する事にしました。

それでダメなら細胞検査を受けるしかない…

傷痕を残す前に自分で出来る事をやってみようと思ったのです。

友人に肌のパッチテストをしてもらった結果超敏感肌と言う結果が出て驚きました。

それまで肌には自信かあり人より丈夫な肌の持ち主だと思っていましたが年齢と共に肌も変化するのだと思い知りました。

それからは、化粧水・乳液・美容液を使用して外出時にはUVケアをキチンとするようにしました。

それでも赤いシミはなかなか消えませんでした。

化粧をしてもうっすらわかるほどでした。

薄いシミが少しずつ消えていってるとわかった時にやっぱりケアしていなかったのが原因だと実感しました。

濃いシミが化粧すればわからなくなるまでには3年かかりました。

それから10年以上経過していますが濃いシミだった所は色素沈着してしまったのか今でも薄っすら残ってしまっています。

日々のケアは大切です!

これからも手を抜かずケアして行こうと思います。